日焼けのあとのかゆみ対策

日焼け後の正しいお肌のお手入れ方法・美白ケア

日焼けの後のお肌は、放っておくと、シミ、そばかす、お肌の老化につながります。正しい日焼け後のお肌のお手入れ方法、美白ケアについてお教えしちゃいます♪

日焼けのあとのかゆみ対策


プールや海にいくと、日焼けはどうしてもしてしまうものです。

日焼けをしたあと、かゆくなってしまうことって、ありますよね。

外はかなりの暑さですが、水に浸かると、温度差があるので気持ちいいものです。

浮き輪に乗って体を日焼けさせると、水のつめたさと、温かい日差しとが一緒に楽しめます。

しかしその日の夜になると、体が痛くなったり、かゆくなってしまったりします。


日焼けのごの痒みの原因と対策

すこしくらいかゆいくらいなら、ガマンもできますが、だんだんとかゆみが強くなってしまうことがあります。

薬局でかゆみどめの薬を買って、塗らないといけなくなったりします。

日焼けのあとにかゆくなるのは、皮膚に熱がこもって、その後一気に冷めることで、引き起こされます。

これを防ぐためには、海やプールに入る前に日焼け止めのクリームを塗付し、時間ごとに日陰に入ったりして、ずっと日光に当たらないようにしないといけません。

冷静にちゃんと行動できればいいのですが、楽しさのあまり、こうしたことをつい忘れてしまうと、あとでつらいかゆみにさらされてしまうことになります。

かゆみは1週間程度、続くものです。

このあとになってくると、だんだんと落ち着いてくるものですが、できればかゆみを起こさないでいたいですよね。


保湿をすることで痒みも抑えることができて“一石二鳥”

過剰に紫外線を浴びてしまうと、日焼けになります。

そのあとに、かゆみが起きたりします。

日焼けによるかゆみは、肌が紫外線によりダメージを受けて、乾燥してしまうことも原因のひとつとなります。

だから、日焼けをしてしまった部分を、ボディクリームや保湿剤などで、しっかり保湿することで、かゆみを抑えやすくなります。

保湿をすると、お肌にうるおいがもたらされます。

これで、かゆみがおさまることがあるのです。

お肌のケアでは、保湿がとても大事です。


お肌をクールダウンさせることで痒みも抑えられる

肌が熱をもって、かゆみもあるときは、軽いやけど状態になっています。

ほてっているお肌をクールダウンさせましょう。

濡らしてから硬くしぼり、冷蔵庫で冷たくひやしたタオルを、日焼け部分にやさしく抑えます。

そうすると、熱がとれると同時に、かゆみもおさまることがあります。


日焼けの皮剥けは、自然に、カキムシッテはダメ!

日焼けをしてから数日たつと、皮が剥がれてきます。

このときにかゆいと感じる人もいます。

そんなときは、かゆいからとかきむしってしまっていては、皮膚が傷ついてしまうだけです。

これがもとで、傷になってしまったり、しみができやすくなってしまったりします。

炎症が悪化してしまい、ひどい状態になってしまうおそれもあります。

かゆくても、かいてしまうのはいけません。

我慢して耐えましょう。

そして、皮膚も無理にめくらずに、自然に任せて、はがれるのを待ちます。

お風呂で体を洗うときも、こすりすぎないようにしましょう。


かゆいときには、かいてしまわないようにして、かわりにしっかり冷やしたり、保湿したりするようにしましょう。

そうすると、次第にかゆみが和らいでくるものです。




エニシングホワイト

日焼け予防・対策方法

日焼はどうしてできるのか
日焼けはどうしてできるのか?その原因や種類を理解して、正しい予防、日焼け後の対策をしましょう♪
日焼け後、直ちに行うべきケアとは?
どんなに日焼け予防を行っても日焼けはしてしまうものです。シミ・そばかす、肌の老化を抑える日焼けしてしまったら、すぐに行うべき正しいケア方法をお教えします。
ひりひり日焼けにはワセリンを
ひりひりとひどい日焼けにはワセリンを!たくさん日焼けをしてしまった…って時にはワセリン使うと効果的ですよ♪

日焼けのあとの痒み対策
日焼けの後のカラダの痒み…我慢できなくなること有りますよね。スキンケアも考えた痒み対策を紹介します
知らないうちに日焼けしてしまう!?
日差しがそれほど強くなくても、知らず知らずのうちに日に焼けてるって事があります。普段から、常に“日焼けすること”を意識したいものです。