日焼けスキンケアにはワセリン

日焼け後の正しいお肌のお手入れ方法・美白ケア

日焼けの後のお肌は、放っておくと、シミ、そばかす、お肌の老化につながります。正しい日焼け後のお肌のお手入れ方法、美白ケアについてお教えしちゃいます♪

ひりひりとひどい日焼けにはワセリンを


日焼けをしたら、保湿をすることが大切です。

保湿剤やマスクでとりあえずおさまればいいけれど、たくさん日焼けをしてしまって、これだけではまだ不安・・・というときに、使ってみたいのがワセリンです。

ワセリンは保湿力にすぐれています

これにラップを組み合わせて使います。

ワセリンは薬局に売られています。

アトピー性皮膚炎の治療などにも使われる、肌の保護剤です。ドラッグストアでかんたんに手に入るし、そんなに高くありません。


ワセリンとラップで効果的にケア

日焼けをして、保湿をしたあと、ワセリンを塗ります。

そしてそのうえにラップをかけます。

ラップは肌への刺激を軽減するために効果的です。

ワセリンを塗るだけで、肌への乾燥がちゃんと防げているようなら、あえてラップを使う必要はありません。

でも、つけると効果は大です。

背中、腕の付け根、足の甲などは、ラップで包みやすいし、広い範囲をガードできるのでおすすめです。

炎症が起きて、熱があるようなときは、直接、濡れたタオルや冷却タオルを肌にあてると、刺激や摩擦を起こしてしまいます。

かえって症状を悪化させてしまうおそれがあります。

そこで、ラップをしておけば、お肌のガードになります。

そのうえで冷却材を置くようにしましょう。

肌はしっかりガードされているので、冷やしやすくなりますね。

就寝時には、こうしたケア方法が効果的となります。

汗をかいて蒸れてしまわないように、適度に取り替えるとなお良いです。


日焼け直後の美白ケアはカラダの中から

日焼けをしてすぐのときには、美白をすることはできません。

美白ケアの化粧品に含まれているビタミンCなどは、日焼け直後のサンバーンを起こしているお肌に付けると、ひりひりを呼び起こしてしまうおそれがあるためです。

でも、日焼け直後に美白がまったくできない、というわけではありません。

外側から、肌に直接美白することはできませんが、体の中から美白すること、できますよね。

ぜひ、始めましょう。

ビタミンCを食事やサプリメントから、どんどん取り入れてきましょう。

ビタミンCはメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成を促したりする作用があります。

さらに、活性酸素の生成を抑えたり、肌の活力を高めてくれる作用もあるのです。

どんどん取り入れて、早く日焼けを解消したいですね。

肌にとてもいいビタミンCだからこそ、1日1000㎎は摂取したいです。

ローズヒップと一緒に摂取すると、ビタミンCの吸収率が上がるとされています。


日焼け後のさらに日焼けは厳禁!

日焼けをしたら、そのあとしっかり冷やしたり、保湿したりすることももちろん大切です。

でも、それ以上に大切なのは、日焼けをしてしまった部分に、なるべく紫外線を浴びさせないようにすることです。

暑い季節につらいかもしれないけれど、なるべく紫外線が当たらないように、厚い生地で、色の濃い服を着るようにしましょう。

地肌が出てしまうような場合は、低刺激のサンスクリーンを使ったりすると被害を最小限に抑えられます。


エニシングホワイト

日焼け予防・対策方法

日焼はどうしてできるのか
日焼けはどうしてできるのか?その原因や種類を理解して、正しい予防、日焼け後の対策をしましょう♪
日焼け後、直ちに行うべきケアとは?
どんなに日焼け予防を行っても日焼けはしてしまうものです。シミ・そばかす、肌の老化を抑える日焼けしてしまったら、すぐに行うべき正しいケア方法をお教えします。
ひりひり日焼けにはワセリンを
ひりひりとひどい日焼けにはワセリンを!たくさん日焼けをしてしまった…って時にはワセリン使うと効果的ですよ♪

日焼けのあとの痒み対策
日焼けの後のカラダの痒み…我慢できなくなること有りますよね。スキンケアも考えた痒み対策を紹介します
知らないうちに日焼けしてしまう!?
日差しがそれほど強くなくても、知らず知らずのうちに日に焼けてるって事があります。普段から、常に“日焼けすること”を意識したいものです。